自己破産制度は人生をやり直す大きなチャンス

自己破産制度は人生をやり直す大きなチャンス

 

借金は借りたら返すのが大原則です。

 

借りるときには自分の収入と比較し無理の無い範囲で借入れをし、しっかりと返済計画を立て、きちんとその返済計画に従って返済し、期日までに完済する必要があるのは言うまでもありません。

 

ただ、いつも予定通りに物事が進むとは限りません。

 

不測の事態が起き、計画していたこととは違う現実がやって来ることも良くあることです。

 

そうした場合、借りたお金を当初の予定通りに返すのに大変苦労をすることもあるでしょう。

 

可能な限り、返済に向けて最大限の努力をすることはもちろん必要です。

 

特に日本人は生真面目で律儀な性格の方が多いので、なおさらそのように考えることでしょう。

 

 

ただ、どうしても返済が無理な場合もあります。

 

そんな時は、ちょっと立ち止まって、考える角度を変えてください。

 

 

家族が借りたお金を家族の中で責任を持って返済をしなければならないと考える方も多いでしょうが、いくら家族とはいえ、当然に他の家族が支払わなければならないわけではありません。

 

 

またお金が返せなくなった時に、脅しのような取り立てや、悪質な取り立てに会うかもしれませんが、そうしたことにいつまでも耐えなければならないわけでもありません。

 

 

法外な利息を要求される場合もあるかもしれませんが、法律上の上限金利と言うものが定められており、それを上回る部分については支払う必要はありません。

 

 

黙って言われるがままに従っていると悪質な業者が社会にはびこることになります。

 

 

借金を苦にして、夜逃げや、自殺など悲惨なことは決して考えないでください。

 

何の解決にもなりません。

 

 

そうしたお金を返せない状況に置かれた人を救済するために、自己破産などの免責制度が法律的に設けられています。

 

 

専門家の方によく相談にのってもらって、この法的な救済制度を可能な限りご利用ください。

 

 

そして人生をやり直すきっかけをつかんでいただき、二度と同じような事にならないように十分注意して人生をやり直してください。

 

 

メールなどで相談できる専門家をご紹介いたします。

 

 

どうぞお早めにご相談ください。

 

 

具体的な無料相談はこちらへ

 

 

 

 

関連ページ

債務整理と自己破産ってどう違うのですか?
自己破産すると就けなくなる職業について
弁護士さんに債務整理を依頼すると裁判所には行かなくてよいですか?
自己破産の申し立てに必要な書類は何ですか?
自己破産をすれば免責は必ず受けられるの?
「自己破産の免責決定」とはなんですか?
管財事件と同時廃止事件はどう違うの?
自己破産は身内や友人、仕事先にばれずに内緒で行うことはできるの?
債務者が支払不能の状態には無いと認定された場合
自己破産の裁量免責とは
自己破産の免責の対象にならないもの「非免責債権」について
自己破産のデメリットについて
財産がある人の自己破産の手続きについて
自己破産をすると家族にはどんな影響があるの?
自己破産をした場合、私の財産はどうなるの?
自己破産をすると私が勤めている会社にも知らされてしまうの?
自己破産をした場合、私の借金の保証人も私の借金を支払わなくてよくなりますか?
自己破産をすると銀行取引や借金はできなくなりますか?
自己破産の費用はどのくらいかかるのですか?
自己破産の申し立てをすると、裁判所には何回行くことになりますか?
自己破産の手続きが終了するまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?