自己破産すると就けなくなる職業について

自己破産すると就けなくなる職業について

 

自己破産の申し立てをするかどうかを検討しているときには、自己破産をした時のデメリットについて考えますよね。

 

自己破産をした時に生じるデメリットの一つには、自己破産の申し立てをした場合、一定期間、一定の職業・資格などに就けなくなることがあります。

 

ただそれは一生その職業・資格に就けなくなってしまうという事ではなく、下記で説明する、「破産手続開始決定」から「復権」までの間の資格制限です。普通に免責許可がでればその期間は3ケ月〜1年のことで、自己破産の手続きが終われば就業・資格制限はなくなります。

 

債務者が破産手続きをするためには、まず地方裁判所に対して「破産手続開始の申立て」をします。ただ、申立てをすれば破産手続が開始されるわけではありません。その申立て後、裁判所により法律要件を満たしているかどうかの審査があり、審査に通ると「破産手続開始決定」という決定がなされ、破産手続が開始されます。

 

そして自己破産の手続き期間中は、申し立て者は法律上「破産者」という扱いになりますが、自己破産の手続きが終了し、免責決定がでれば、法律上は「破産者」ではなくなり普通の一般人の状態に戻ります。このことを「復権」と言います。

 

この期間、就業・資格制限を受ける資格の一部です。

 

弁護士、弁理士、司法書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士、通関士、宅地建物取引士、公証人、証券外務員、生命保険募集人、警備員、他多数

 

医者や薬剤師、看護師などの資格は破産しても影響はありません。

 

また民法上の制限としては、後見人、後見監督人、保佐人、補助人、遺言執行者に就けないなどの制限があります。

 

 

詳しくは弁護士さんや司法書士さんなどの専門家の方にアドバイスをもらってください。

 

無料メール相談ができる専門家をリストアップしましたので、どうぞお早めにご相談下さい。

 

 

具体的な相談はこちらへ

 

 

関連ページ

債務整理と自己破産ってどう違うのですか?
弁護士さんに債務整理を依頼すると裁判所には行かなくてよいですか?
自己破産の申し立てに必要な書類は何ですか?
自己破産をすれば免責は必ず受けられるの?
「自己破産の免責決定」とはなんですか?
管財事件と同時廃止事件はどう違うの?
自己破産は身内や友人、仕事先にばれずに内緒で行うことはできるの?
債務者が支払不能の状態には無いと認定された場合
自己破産の裁量免責とは
自己破産の免責の対象にならないもの「非免責債権」について
自己破産のデメリットについて
財産がある人の自己破産の手続きについて
自己破産制度は人生をやり直す大きなチャンス
自己破産をすると家族にはどんな影響があるの?
自己破産をした場合、私の財産はどうなるの?
自己破産をすると私が勤めている会社にも知らされてしまうの?
自己破産をした場合、私の借金の保証人も私の借金を支払わなくてよくなりますか?
自己破産をすると銀行取引や借金はできなくなりますか?
自己破産の費用はどのくらいかかるのですか?
自己破産の申し立てをすると、裁判所には何回行くことになりますか?
自己破産の手続きが終了するまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?