債務整理相談所≪全国版≫実績のある弁護士・司法書士を徹底比較

HOME

 

債務整理相談所を徹底比較!!
借金でお悩みの皆様への無料相談は今や当たり前です!
全国対応の債務整理相談所ばかり集めました。
表と裏を知り尽くした実績のある弁護士・司法書士が、あなたの借金問題を解決!!
今すぐチェックして下さい!

 

◇ 債務整理の方法について簡単にまとめてみました。詳しくはこちらをクリック
◇ 債務整理をした場合のご家族への影響についてまとめてみました。こちらをクリック
◇ 債務整理相談所を利用した体験談です。こちらをクリック

 


街角法律相談所

 

街角法律相談所

街角法律相談所の借金解決診断シュミレーターの借金解決実績は15000件。利用は、完全無料・匿名で可能。3つの質問に答えるだけで、債務の減額方法や月々の返済額がいくらになるのかが分かります。困った借金の悩み、誰に相談したらいいのか分からない。いきなり法律事務所に電話するのも怖いし・・・そんな方には、24時間相談受付中の匿名無料相談がまずはおすすめです。債務整理のことなら街角法律相談所に。安心の解決率は80%を誇ります。

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料 ※無料診断シュミレーター
相談方法 初回無料メール相談
資格者 弁護士or司法書士
着手金 担当先の事務所による
支払い方法 担当先の事務所による

 

街角法律相談所詳細はこちら街角法律相談所公式サイトはこちら

 

 

 

弁護士法人Salute法律事務所

 

弁護士法人Salute法律事務所

借金返済中心の生活から、脱出!借金はもうたくさん!やり直したい!と思う方はスグに、弁護士法人Salute(サルート)法律事務所に相談を。家族に内緒の借金も、秘密にしたまま整理が可能です。いつでも相談は無料、24時間365日受付、即日対応可能、迅速対応・全国対応、秘密厳守、初期費用は0円で、費用は分割可能。弁護士法人Salute法律事務所は、借金を断ち切るお手伝いをします。安心の経験と実績による粘り強い交渉で、できる限り有利な条件で和解交渉を締結することができます。

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料
相談方法 初回無料メール相談
資格者 弁護士
着手金 49,800円(債権者一件あたり)
支払い方法 分割払い可

 

弁護士法人Salute法律事務所詳細はこちら弁護士法人Salute法律事務所公式サイトはこちら

 

 

 

弁護士法人サンク総合法律事務所

 

樋口総合法律事務所

何社もある借金でお悩みの方、今すぐ弁護士法人サンク総合法律事務所に相談を。借金をもっと軽く、借金問題は解決できるのです。借金返済問題専門相談員による無料相談窓口は、24時間365日受付、全国対応です。弁護士法人サンク総合法律事務所には、早く督促を止めたい場合も安心、手持ちがなくても安心、忙しくても安心という、4つのお約束があります。弁護士法人サンク総合法律事務所なら、さまざまな事情、経済状況、要望を踏まえ、最適な借金解決方法をお答えすることができるのです。

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料
相談方法 初回無料メール相談
資格者 弁護士
着手金 39,800円(債権者一件あたり)
支払い方法 分割払い可

 

樋口総合法律事務所詳細はこちら樋口総合法律事務所公式サイトはこちら

 

 

 

司法書士法人杉山事務所

 

司法書士法人杉山事務所

借金・債務の悩みは司法書士法人杉山事務所に。過払い金、多重債務などの問題を債務整理を行うことにより法的に解決し、完済済み・返済中でもお金を取り戻すことができます。杉山事務所には、全国トップクラスの豊富な相談実績があります。最初から最後まで担当司法書士が受任・相談を行います。全国どこからでも相談が可能、出張相談も無料です。過払い金、個人再生、自己破産、任意整理。どんなケースでも、杉山事務所が解決します。

 

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料
相談方法 初回無料メール相談
資格者 司法書士
着手金 0円(債権者一件あたり)
支払い方法 分割払い可

 

司法書士法人杉山事務所詳細はこちら司法書士法人杉山事務所公式サイトはこちら

 

 

 

おしなり法律事務所

 

おしなり法律事務所

匿名相談OK!新しい未来を切り開くための債務整理の相談は、おしなり法律事務所にお任せです。実績あるおしなり法理事務所にどんなことでも気軽に相談すれば、悩みを解消できるかもしれません。まずは匿名で無料相談を!おしなり法律事務所の5つの安心は、匿名相談OK、取立てSTOP、相談無料、分割払いOK、全国対応である点。いつでも身近に、親身に対応できる。そのような法律事務所を探しているのなら、おしなり法律事務所にぜひ一度相談を。

 

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料
相談方法 初回無料メール相談
資格者 弁護士
着手金 0円(債権者一件あたり)
支払い方法 分割払い可

 

おしなり法律事務所詳細はこちらおしなり法律事務所公式サイトはこちら

 

 

 

アヴァンス法務事務所

 

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所は、債権者数1、2件でも対応します!!銀行カードや18%以下の金利の場合も任意整理は可能。過払い金成功報酬は、消費税別の16%〜18%です。減額報酬はなく、初期費用は0円。相談は無料で全国対応、土日祝日も含む、年中無休で受け付けています。また、連絡を待つことなく、WEB上での進捗確認ができるため便利です。さまざまな手段が存在する、借金問題の解決方法。アヴァンス法務事務所はでは、それぞれの事情に合った一番最適な解決方法を提案します。

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料
相談方法 初回無料メール相談
資格者 司法書士
着手金 不明(債権者一件あたり)
支払い方法 分割払い可

 

アヴァンス法務事務所詳細はこちらアヴァンス法務事務所公式サイトはこちら

 

 

 

ふづき法律事務所

 

ふづき法律事務所

給料日に、まず借金の返済から考える生活、もう終わらせませんか?秘密にしたい苦しい借金のことは、ぜひ経験豊富なふづき法律事務所に相談を。債務整理では、利息のカットおよび、手続きによっては借金を5分の1に圧縮したり、ゼロにすることも可能です。相談は完全無料、秘密厳守です。山下弁護士は親しみやすい人柄。面談はプライバシーに配慮した部屋で行われ、しっかりと話を聞いてもらえます。懇切丁寧な対応が魅力のふづき法律事務所です。

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料
相談方法 初回無料メール相談
資格者 弁護士
着手金 39,800円(債権者一件あたり)
支払い方法 分割払い可

 

ふづき法律事務所詳細はこちらふづき法律事務所公式サイトはこちら

 

 

 

リヴラ総合法律事務所

 

リヴラ総合法律事務所

ひとりで悩まないで!借金解決の方法は必ず見つかります。リヴラ総合法律事務所の借金問題が得意な弁護士が、あなたの借金問題を解決します!24時間、土日夜間いつでも無料受付、全国に対応した万全のサポート体制。初期費用は0円、相談無料です。費用の分割支払いもOK!手持ちがなくても気軽に相談することができます。対応は女性スタッフのみ、安心してメール相談が可能です。「相談して良かった」と、依頼者の85%が満足しています。

 

>> もっと詳しく <<

 

総合評価
対応地域 全国対応
相談料 無料
相談方法 初回無料メール相談
資格者 弁護士
着手金 39,800円(債権者一件あたり)
支払い方法 分割払い可

 

リヴラ総合法律事務所詳細はこちらリヴラ総合法律事務所公式サイトはこちら

 

 

 

債務整理とはなんですか?

現在の日本では多くの方が借金問題で悩んでいると言われています。

 

その借金問題を解決することを「債務整理」「借金整理」といいます。

 

借金をしていても、無理なく順調に、期日までにきちんと返済が出来ている方には「債務整理」はあまり関係ありません。

 

一方で、現実的には破産と同じような状態で、借金を返せる見込みの無い方や、借金に借金を重ねて「多重債務」状態になっている方は、「債務整理」を検討する必要があるかもしれません。

 

法律による「債務整理」には大きく分けて4つの方法があります。@「任意整理」、A「自己破産」、B「個人民事再生」、C「特定調停」の4つです。

 

それぞれメリットとデメリットがあります。見ていきましょう。

 

 

@任意整理

 

 「任意整理」は、弁護士又は司法書士が、金融業者(貸金業者)等と、直接、金利の減免、債務の分割払等の交渉をします。

 

 裁判所などの公的機関は利用しません。当事者が私的に話し合い、借金を整理します。

 

 債務総額が比較的少額で、交渉により債務の減額が見込まれる場合に適しています。

 

 相談から返済計画の合意までは、概ね2〜4か月程度であることが多いです。

 

(メリット)
 (1)自己破産のような各種の資格制限がない
 (2)当事者間の話し合いによるため、柔軟な返済計画を組むことが可能

 

(デメリット)
 (1)債務者にはこの話し合いに応じる義務はない(解決するか否かは交渉者の腕次第)
 (2)弁護士又は司法書士が債権者ごとに個別の交渉を要する

 

 弁護士や司法書士の立場からすれば、自己破産ができるなら自己破産を選択した方が良いと思うことがあるようです。

 

 任意整理の場合、借金が全くゼロになるわけではないからです。将来的な金利は無くなったとしても、減額された元金については3〜5年での完済を目指します。通常の生活に戻れるのは少なくとも3〜5年後です。

 

 しかし、自己破産の場合は、弁護士等に依頼した段階で返済も不要になります。

 

 

 

A自己破産

 

 裁判所で行われ、裁判所を通じて債務の支払いを免責してもらう手続きです。

 

 単に「破産」ともいいます。

 

 借金の返済の見込みが全く無い場合に行うことが想定されている手続きです。

 

 相談から破産手続きの終了まで、概ね2ケ月から半年程度かかります。

 

(メリット)
 (1)免責が裁判所によって許可されれば、早期に借金から解放される
 (2)給与の差押え等が止められる

 

(デメリット)
 (1)最低限の生活必需品を除き、住宅等の財産を失う
 (2)官報に氏名や住所が記載される(でも官報を知っている人はほとんどいませんが)。
 (3)免責が許可されるまで一定の職業につけない
 (4)そもそも破産原因によっては免責されない

 

 よく誤解をされている事ですが、戸籍や住民票に破産の記録が記載されることはありません。

 

 ただ、本籍地で取得する「身分証明書」(破産者でないことの証明)には、一定期間破産者として記載されます。この書類は一般の人が取得したり、閲覧したりすることはできないために、就職先や結婚相手に知られることは少ないと思われます。

 

 自己破産の手続きをとった本人は、自己破産手続き開始決定から免責許可決定の確定まで(通常数ケ月の間)、破産者として一定の職業につくことはできません。

 

 保険勧誘員や警備員など、破産者である期間(破産手続開始決定から免責許可決定の確定まで)に就くことができない仕事については、就職する際に破産者でないことの確認のために、先ほど説明した「身分証明書」の提出を求められますので、その期間が経過するまでは、その仕事に就けないという制約はあります。

 

 

 

B個人民事再生

 

 次に個人民事再生についてです。

 

 この手続きは裁判所で行われます。

 

 借金の減額を裁判所に申立てて、認められれば少なくなった金額を3〜5年かけて分割払いをする制度です。

 

 この手続きは債務者を破産させることなく、経済的再生を図ることを目的とした手続きです。

 

 借金をしている貸金業者の数や額が多く、債務者が給与等の定期的な収入を得ている場合に適した手続きです。

 

 裁判所を通じて債務の総額を減らし、残額を3〜5年間かけて分割返済していきます。

 

 相談から返済計画案の認可まで、概ね1年程度かかります。

 

(メリット)
 (1)裁判所を通じて手続きを行うため、当事者間での話し合いによる解決が難しい場合でも債務整理が可能となる
 (2)給与の差押え等を止められる

 

(デメリット)
 (1)利用できる者に制限がある
 (2)他の手続きと比べて複雑な手続きであるため費用と時間がかかる
 (3)官報に氏名や住所が記載されてしまう

 

 個人再生手続きには住宅資金特別条項(住宅ローン特則)という制度があります。住宅ローンが残っている住宅を残しながら債務整理できる制度です。利用できる条件は、@住宅ローンで建設または購入等した自宅土地建物で、A現実に居住している場合で、B住宅ローン債権者以外の債権者のための抵当権が設定されていない時です。

 

 住宅ローン特則を利用した場合には、住宅ローンの期限の利益を回復したり、弁済期間を伸長したりすることにより、住宅ローンの弁済方法をリスケジュールすることが可能になります。また、住宅に設定されている抵当権の競売が開始されている場合でも、競売手続を中止することが可能となります。

 

 

C特定調停

 

 最後に特定調停についてです。

 

 この手続きは、個人民事再生や自己破産のように裁判所を利用して手続きを行う債務整理の一つです。

 

 特定調停は、簡易裁判所が債権者と債務者の仲裁を行うのが特徴で、任意整理のように借金の額を減額する方向性を持ちます。

 

 任意整理との違いは、弁護士や司法書士などが債権者に対して減額交渉を行うのに対し、特定調停の場合は調停委員と言われている裁判所が任命した人が仲裁を行うと言った違いがある点です。

 

 特定調停では、債務者が借金問題を解決して生活を立て直せるように、債権者との間に入り返済条件の軽減などの合意を得られるよう配慮をしてくれます。

 

(メリット)
 (1)任意整理で弁護士に支払う報酬よりも、裁判所に支払う手数料の方が安い
 (2)特定調停のの申立をすると債権者からの督促が停止する

 

(デメリット)
 (1)裁判所から債権者への、法的整理の手続きに入ったことの連絡に時間を要する(それまで債権者からの督促が続く)
 (2)過払い金返還の交渉を自分で行わなければならない
 (3)借金を分割で返済する場合には利子も支払わなければならない

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

 

 

 以上が、「債務整理」の4つの方法についての簡単な説明です。

 

 もう少し詳しくお知りになりたい場合は左側のメニューから各手続きのQ&Aをクリックしてご利用ください。

 

 

 

 最後に、自己破産よりも任意整理や個人民事再生を選んだ方が良いケースをあげておきます。以下の場合は、自己破産よりも任意整理や個人民事再生を選んだ方が良いことが多いです。

 

   ・持ち家があるケース
   ・抵当権が設定されているケース
   ・連帯保証人がついているケース
   ・総額100万円以下の借金(自己破産できない)
   ・ギャンブルによる借金(自己破産できない)
   ・過払い金があり相当減額されるケース

 

 上記以外の場合は、自己破産の方が早く通常の生活に戻れるケースが多いようです。

 

 いずれにしましても、債務者の方が置かれている様々な状況を総合的に勘案して取るべき手続きを選択することになろうかと思います。

 

 そして、その判断についてはなかなか一般の方では難しいのではないでしょうか。

 

 債務整理をして生活を立て直すのと、破産をせずに債務を負ったままでいるのと、どちらを選択するかは本人の問題でもあります。

 

 しかし、借金のことで思い悩むのが苦痛なのであれば、お近くの法律事務所に相談に行くのが良いと思います。

 

 どの段階で債務整理を考えるべきかについては、出来るだけ早い段階でのご相談をお勧めします。

 

 早期に債務整理について考えた方が、取りうる選択肢は多いと思われます。

 

 無料メール相談ができる専門家をリストアップしましたので、どうぞご利用ください。

 

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

債務整理をすると家族にどういう影響がありますか?

 

自営業の祖父ですが借金を返せないようです。祖父が自己破産をした場合、家族に影響ありますか?

 

祖父の方が自己破産をしても、他の家族の方の信用情報に影響を与えることはありません。

 

自己破産とは借金を帳消しにして、最低限の現金や生活必需品だけを残して、不動産や車などをお金に変えて債権者に分配する制度のことです。

 

自己破産の手続きには「破産」と「免責」の二つがあります。
「破産」は、借金を返す収入や財産がないと国に認めてもらうこと。
「免責」は、借金の支払いをすべて免除するということです。

 

この二つが認められて借金が帳消しになり、新たな人生を歩みだすことができます。

 

自己破産以外にも個人民事再生任意整理など、家や車を処分しなくても借金の整理をする方法があります。

 

おじい様の自営のお仕事がうまくいってない場合、自己破産以外の方法で、借金の整理をした方が良い可能性もあります。
今後のおじい様やおばあ様の生活を考えた場合、住む家や車などがなくなってしまうのは、不都合なケースもあるでしょう。
これから先の人生を考慮した上で決断をする必要があると思います。

 

話しは戻りますが、自己破産を申し立てた場合は、申し立てた本人にのみ適用され、他の家族に影響があるということはありません。

 

ただ、もし家族が自己破産をした人の連帯保証人になっている場合には、取り立てが連帯保証人にいくことになります。
この場合には連帯保証人の方にも責任が生じてしまいます。

 

また、おじい様がが自己破産などをしてしまった場合は、今後の生活などを考えると、やはり何かしらの影響が家族に及んでしまうことは考えられます。
金銭的な援助などが必要かもしれないですね。

 

でも家族の不動産や預貯金などが処分されるようなことはありません。

 

ただ金融機関が信用情報を照会した時に、融資申込者の方の家族に自己破産をした人がいると分かった場合、融資やローンを実行しないケースはあるようです。
ですが、子供の進学や就職に不利になるようなことはないので、安心してください。

 

ご家族のご結婚などの場合も同様ですが、相手によってはそのようなことを気にされ、何かしらの問題が生じることがあることもあるかもしれません。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

父が自己破産手続き中ですが、父の車を私名義で私が代わりにローンを組んで購入する予定です? なにか問題はありますか?

 

「私はローンを組めますか?」という問いに対する回答としては、「問題なくローンを組むことができる」と考えて問題ありません。

 

ただ当然ですが、誰もがローンを組めるという訳ではなく、ローン会社の審査を突破できた人だけがローンを組むことができます。

 

ローンを組むために必要なことは、「年収があること」「債務状況が良好であること」の2点です。
他にも審査を左右する要素はたくさんありますが、まずはこの2点を考慮しながら対応を考えていくことが大切です。

 

また、「車は引きあげられますか?」という問いに対する回答としては、「十分にその可能性がある」と考えておいた方が賢明です。
自己破産をすることによって、価値のある資産は没収される可能性が高くなります。
その為、途中で父の名義に変更するのではなく、期間が終了するまでの間は「父を使用者として指定する」といった形で対応していった方が良いでしょう。

 

自己破産をして車を引き上げられてしまう可能性は高いですが、「生活をするために必須」ということが認められた場合には、価値のある資産だったとしても引き上げられずに済む可能性もあります。

 

例えば、電車やバスといった公共交通機関を利用するためには距離が非常に遠すぎる場合や、家業や仕事をするために自家用車が必須である場合などは、車を引き上げてしまうことによる損失が大きいと判断され、そのまま使用することができる可能性があります。

 

自己破産をした後に管財人が財産を評価し、もろもろの事情を加味して判断するため、事前にどのような対応になるのかを確認してもあまり意味はありません。
一応、状況を説明することでどのような対応になるのかを予測してもらうことはできますが、必ずしもその通りになるという保障はどこにもありません。

 

ご自身がローン契約を結ぶことができるかどうか、父親が車を必要とする程度がどのくらいあるのか、その他の事情を加味し、専門家にアドバイスをもらいながら対応していくと良いでしょう。

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

18才の息子が車を買う予定ですが、親が過去に債務整理をしています。息子は車を買えますか?

 

親が債務整理や自己破産をしていようと、借金を滞納し続けている状態であろうと、「息子さんが車を購入する場合に不利益が生じる可能性はほとんどない」と考えて問題ありません。

 

ただし、息子さんが未成年の場合は別です。息子さんが未成年の場合には本人名義でローン契約を結ぶことが難しく、通常であれば「親の同意や保証」を担保にしてローン契約をすることになります。
その際、保証人となる親の信用状況が結果を左右することになるため、親が自己破産などをして期間が浅い場合には拒否される可能性もあります。

 

ただ、親がした債務整理が過払い金請求の場合には自己破産ほど信用が失われる訳ではなく、一定の条件下においてはローン契約を結べる可能性があります。
よって、可能性の有無で判断すると、「息子さんが自動車ローンを組む場合、親が債務整理をしている状況であっても本人名義で契約できる可能性はある」といえます。

 

ただ、確実に契約できるという保障はないので、万が一、ローン契約を結ぶことができなかった場合の対応策を検討しておいた方が賢明です。

 

息子さんがアルバイトでも良いので収入を得ている場合、その収入に頼ってローン契約を結べる可能性があります。
また、学生でもローン契約を結べる可能性はあります。
さらに、「自社ローン」を活用すれば可能性が高まります。

 

現金購入の場合には、親や息子さんの状況に関係なく自動車を購入することは可能です。

 

ここで問題になっていることは「ローンを組めるかどうか」という一点のみで、自動車自体を購入するために年齢や職業などの条件がある訳ではありません。
車両代金を一括で清算できるだけのキャッシュがあるのであれば、何の問題も無く自動車を購入することは可能です。

 

新車をキャッシュで購入するのは簡単ではありませんが、中古車ならば状態を問わない限りは10万円台で購入できる自動車もたくさんあります。
見た目や耐用年数などの問題も含め、どのような選択が最適なのかを判断していくことが大切です。

 

ある程度の金額で購入する時には、まず「自社ローン」で相談すると良いでしょう。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

兄が過払い金請求をしようとしています。私にも何か影響はありますか?

 

兄が過払い金請求をする場合、兄の今後の借金に影響があるだけでなく、家族の信用情報も照会するので、あなたのこれからの借金にも影響がある可能性があります。

 

その理由ですが、クレジットカードや消費者金融が加入している信用情報登録機関には、クレジットカードや消費者金融などの支払い履歴などだけではなく、住所や氏名まで詳しく記載されているからです。

 

クレジットカードや銀行のカードローンを申請した場合、住所や氏名などで身内に遅延や延滞をしている人がいるとクレジットカードや消費者金融は判断できるケースがあります。
その場合にはクレジットカード会社や消費者金融は融資を拒否する可能性は非常に高いです。

 

しかしこのような場合であっても、クレジットカードや消費者金融のサービスを受けられる可能性もあります。
クレジットカードや消費者金融に提出する申請書に実家など兄と違う住所を記載すればよいのです(ただし真実と違う嘘の記載はいけません)。

 

そうすると兄が過払い金請求をしている事はクレジットカード会社や消費者金融には分からないので、その点は心配いらなくなります。

 

ただしこの場合注意しておく事があります。
クレジットカード会社や消費者金融によっては自宅への在籍確認の意味で申請書に記載された住所に電話が入る事があります。

 

実家の両親にクレジットカードや消費者金融のサービスに申し込んだ事を話しておかないと、申請書に嘘を記載する信用できない人と判断されます。
また実家の両親にクレジットカードや消費者金融から電話があった場合でも身内に過払い金請求をした人がいる事実を話してはいけないと念を押しておく必要があります。

 

万が一両親が過払い金請求をした人が身内にいる事を話してしまったら、クレジットカード会社や消費者金融は融資を拒否する可能性は非常に高くなります。

 

また、小細工をする信用できない人とクレジットカードや消費者金融は判断し、あなたのクレジットカードや消費者金融のサービスは利用できなくなるので要注意です。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

 

債務整理相談所を利用した体験談です

 

  「家族に秘密で心配だった」

 

  東京都 50代 男性 サラリーマン

 

 

カードでの借金があった私はまさか返済が滞るまで膨れ上がっているとは思っていませんでした。
自分でも甘かったと反省しています。

 

最初は電話での催促だったのですが、だんだん家族や勤務先のことまで心配になってきました。
ある程度の地位のある立場なので職場にバレると困ります。
バレずに素早く解決したかったのです。

 

家族にももちろん心配をかけたくないので内密に事を進めるためにも、弁護士に相談しました。
自分ではどうしたらいいのかわからず、知り合いに相談するわけにもいかなかったので。
弁護士さんに正直に話すと、秘密裏に解決できる方法をとってくれました。

 

家に届く書類は法律事務所名なので怪しまれることはありませんでした。
妻には実家の相続関係で法律事務所に相談していると言っていたので、まさか借金返済のためとは思われていません。
早めに相談することで会社へ連絡がいくのも免れました。
そうした催促業務を停止してもらえたからです。

 

相談したら弁護士さんにはすぐにやってもらえました。
昇進がかかっている大事な時に、人事に不信感を抱かれたら終わりです。
せっかく築き上げてきた地位も台無しになります。
社内ではそうした噂はすぐに飛び交うのでそんな借金に関する電話がきたら大事です。

 

お金はすぐに返済できました。
車が好きなのですが、その車のパーツを買い集めたりしているうちに借金が膨れていったのでそれをやめるだけでお金をかき集めることができたからです。
それでも秘密に返済を進めるためにも少しずつ返せるよう返済額を減額してもらいました。
生活費を削って返せば減額せずに済んだかもしれませんが、それでは絶対に妻が納得しませんしバレてしまいます。

 

あくまで自分の小遣いの範囲内で返していけるようにすることで、最後までバレずに済んだわけです。
お昼ご飯を節制しながら頑張りました。
借金に悩まされた人の話を聞くと、自分はそこまでストレスを抱えることなく一人で解決できたのではないかと思っています。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

「住宅ローンの相談もできて良かった」

 

  神奈川県 40代 男性 自営業

 

 

10年ほど前に子どもが中学生になったことをきっかけに、住宅ローンを組んで新築の家をたてました。
最初は住宅ローンを滞りなく支払うことはできました。

 

しかし、その後、身体を壊して仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。
自営業だったこともあり、仕事ができない状態になると全くの無収入になってしまいました。
貯金もすぐに底をつき、それでも子供がいるので生活しなければならず、やむを得ず借金をするようになりました。

 

最初は銀行で借り入れしていましたがすぐにカードローンは限度額を超えてしまったので、消費者金融でお金を借りるようになりました。
自転車操業のような暮らしをしていましたが、とうとう借り入れの利息すら払えないようになったので、借金整理をしなければならない状態になりました。

 

借金整理について怖いイメージがありましたが、相談した弁護士さんは優しく対応をしてくれたので、借金整理の仕組みや影響なども理解することができました。
さらに住宅ローンの滞納も心配でしたが、借金整理をしたときの任意整理の対象には含まれないことを教えてもらいました。

 

何とか体調も回復して、住宅ローンはこれから支払える見通しがついたので、住宅は手放さずに住宅ローンをこのまま支払っていくことになりました。
住宅ローンが滞納したときは、思い入れのある家を手放すことになるのかと思って絶望感にさいなまれましたが、借金整理と切り離して考えることができることを教えてもらい安心しました。

 

借金整理の対象になった借金は、返済期間を延長してさらに毎月の支払額も減らしてもらうことができ大変助かりました。
借金まみれになってもう限界だと思っていましたから、優しく親身な対応をしてもらったことで本当に救われたような気持ちになりました。

 

もし相談をしていなかったら、このままさらに借金が膨らんで自己破産をするしかなかったと思うので、相談してよかったです。
親身な対応をしてもらったことで、また頑張って借金を返そうという気持ちになりました。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

「払った利息が戻ってきました!」

 

  福岡県 30代 女性 専業主婦

 

軽い気持ちで、消費者金融からお金を借りたのが数年前のことです。
毎月の返済は順調に行っていたので、消費者金融からの借入は夫にも内緒のお小遣いでした。
ところが、一つの借金を完済しないうちに、借りては返してを繰り返していると、毎月の返済がとても大きくなってしまったのです。

 

専業主婦で毎月3万の支払いはとても大変でしたからなんとかしなくてはと思い、弁護士事務所がやっている無料相談に行きました。
そこでお願いしたのは、絶対に夫にバレないで、なんとか借金問題を解決したいということだけでした。

 

弁護士さんからは、
・どこの会社にどれくらいの金額を借りているのか
・いつから取引が始まったのか
を聞かれて、持っているカードを全部弁護士さんに預けました。

 

そこで、どうやら過払い金があるらしいので、金融会社に問い合わせをしてくれると言うのです。

 

面倒な手続きは全て弁護士さんがやってくれるので、私は弁護士さんからの連絡を待つだけでした。
その間は返済をしなくても良く、弁護士さんからは安心して待っていてください、請求などがきた場合は、債務整理をしていると伝えれば良いと言われました。
待つこと数ヵ月、過払い金請求ができることになりました。

 

そのお金で、すべての借金の返済ができ、 結局、夫にバレずに借金もなくなりました。
弁護士さんの料金は、毎月1万ずつの分割で行うことになりましたが、このお金だけはきちんとお支払しなくてはならないと心しています。

 

安易な気持ちで借りてしまった消費者金融ですが、計画的な支払いができない場合には絶対に手を付けない方が良いと思いました。
また、夫にバレないようにするのが必死で、あんな思いをしてまですることではなく、内緒の借金はとても罪深いことだと反省しています。

 

家計を預かる身としては、今回の過払い金請求を体験して、お金の貴重さを改めて認識した次第です。
もし、家族に内緒の借金を抱えている方で、返済ができなくなったときには、すぐに弁護士さんに相談すると良いでしょう。
これは体験者からのアドバイスです。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

「もっと早く相談していればよかった」

 

  大阪府 20代 女性 会社員

 

 

仕事をしていたときに、業務に失敗したことがありました。
その結果、ストレスがかなり溜まってしまいました。
ストレスが溜まったときに、ストレス解消の方法がうまくわからなかったので、かなりたくさんのお金を使ってしまったのです。

 

というのも、ショッピングをすることに、かなり夢中になってしまったからです。
ショッピングをしている間は、仕事のことを忘れることができたので、一時的にいい気分を味わえたのです。
その結果、借金をたくさん抱えてしまうことになりました。

 

気が付いたときには、一人で問題を解決することがとても難しくなってしまっていたのです。
そのため、債務整理相談所の無料相談を利用してみることにしました。

 

無料相談を利用する前には、不安・心配・恥ずかしさで気持ちがいっぱいになってしまいました。
他人の目がとても気になっていたので、無料相談を利用しづらいと思っていたのです。

 

しかし、思い切って利用してみると、相談員が優しく接してくれたので、かなり安心することができました。
また、相談員が優しく接してくれたおかげで、問題をきちんと解決することができました。

 

相談員の方の丁寧なご対応に、本当に感謝しています。
相談をする前は不安でいっぱいだったのですが、もっと早くから無料相談を利用しておけばよかったと感じました。

 

相談員の方は、かなり話をきちんと聞いてくれました。
それに、私に必要な情報をきちんと提供してくれました。

 

一人で悩んでいたら、きちんとした情報が得られなかったかもしれないので、早く債務整理相談所の無料相談を利用して本当に正解でした。
これからはお金をきちんと使いたいと思っていますが、今後の人生において、問題がまた起きたときには、すぐに債務整理相談所の無料相談を利用したいと思っています。
早く行動して、問題解決を進める方が大事であると強く感じました。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック

 

 

 


「気持ちが楽になりました」

 

  茨城県 30代 女性 会社員

 

 

社会人になりたての頃クレジットカードを作りました。
そのころはお給料も安かったので、ついつい洋服やバッグなどもクレジットカードで買っていました。
クレジットカードの支払がだんだん追い付かなくなってなってきたので、消費者金融のカードローンに申込みクレジットカードに支払う費用を借りてしまいました。

 

消費者金融の利息がかなり高かったので、返済も追い付かなくなりました
返済のためにまた違うカードローンを利用して、お金を借りてしまいましたが、さすがに4社目のカードローンに申込んだ時は審査に通らなかったです。

 

このままでは返済ができないと思ったので、おまとめローンに申込みましたが、借入件数が多すぎたのでこちらも審査に通りませんでした。
返済の延滞も次第に増えてきたので、家や会社に頻繁に消費者金融から催促の電話がかかってくるようになりました。
さすがに消費者金融名をだすことはなく、個人名でかけてきましたが、だんだんと会社の人にも怪しまれるようになったので気が気でなかったです。

 

このままではいけないと思い、法律事務所に相談してみることにしました。
法律事務所は全国に沢山ありましたが、今まで利用したことはなかったので、どこに相談すればいいかわかりませんでした。
ネットで法律事務所を探していましたが、いろいろ探しているうちにここの債務整理相談所のHPにたどり着いたので、相談してみることにしました。

 

法律事務所に入るのは初めての経験だったので、かなり緊張していましたが、担当の弁護士の先生がとても気さくで話しやすい人だったので、いろんな相談にのってもらって楽になった気がしました。

 

弁護士の先生に今までの借金の総額や今の収入の状況を詳しく報告しました。
弁護士の先生は私の話を聞くと、債務整理を勧めてくれました。

 

債務整理もいろんな種類があるそうで、私は裁判所に通わなくてもよく、簡単な手続きで債務整理がおこなえる任意整理をおこなうことにしました。
弁護士の先生が消費者金融と交渉をしてくれたおかげで、過払い金が発生していたことが分かりました。

 

過払い金を引いた返済額がだいぶ少なくなったので、毎月の返済がかなり少なくなって助かりました。

 

 

 具体的な無料メール相談はこちらをクリック