自己破産の申し立てに必要な書類は何ですか?

自己破産の申し立てに必要な書類は何ですか?

 

自己破産の申し立てを行う場合の必要書類ですが非常に多くの書類を必要とします

 

多額の借金がゼロになるわけですから当然と言えば当然ですが。

 

一日で集められる量ではなく、集めるのに苦労をするかもしれませんが、丹念に集めれば必ず揃います。頑張ってください。

 

 

自己破産を申し立てるのに必要な書類を、必要書類と添付書類とに分けてご説明します。

 

○ 必要書類(裁判所でもらいます)

 

 ・破産申立書・免責申立書

 

破産申立者の氏名、生年月日、本籍、住所、連絡先、家族構成、収入、生活状況、借金の額、借入時期、借金の使途、所有している財産などを記入します。

 

 

 ・陳述書

 

借金をした理由、経済破綻になった理由、生活の状況、経歴、自己破産以外で解決できない理由、反省文、今後の生活の事などを記入します。

 

詳しく記入し、反省の意思が伝わるように書きます。

 

 

 ・債権者一覧表

 

すべての債権者の氏名、住所、債務額、借入時期 返済した金額等を記入します。
金融業者だけではなく、家族、友人、知人など借金をしている人の全ての相手先を記入します。
家賃の滞納などがある場合には大家さんの名前なども記入します。

 

この「債権者一覧表」に記載漏れがあると「免責不許可事由」に該当し、自己破産できない可能性が出てきます。
わざと一部の債権者をこの「債権者一覧表」に記載しないと、確実に「免責不許可事由」に該当しますので、自己破産はできないことになりますのでご注意ください。

 

 ・資産目録

 

あなたが所有している財産の全て(現預金、自動車、不動産、有価証券、保険、宝石など)を記載します。

 

 

 ・家計の状況

 

家計の収入及び支出の細かい状況を、過去2〜3ケ月分程度を記入します。同居家族の状況も記載します。

 

 

 

○添付書類(ご自分で用意します)

 

・必ず用意をしなければならない添付書類

 

戸籍謄本、世帯全員が記載された住民票、住民税課税証明書、すべての預金通帳の写し(約2年分)

 

 

 ・申し立て者の状況で必要になってくる添付書類

 

給与明細書の写し、源泉徴収票の写し、賃貸借契約書の写し、不動産登記簿謄本、退職金を証明する書面、車検証の写し、保険証券の写し、保険解約返戻金証明書、年金等の受給証明書の写し、財産相続明細書、クレジットカード

 

裁判所によって必要な書類は異なりますので、事前の確認が必要です。

 

自己破産の申し立てにはこれらの書類が必要になってきます。書類の中には自分で集めれば済むものもありますが、中には詳細な記載が必要な書類もあります。

 

なかなか個人では手に負えないかもしれません。

 

 

弁護士さんや司法書士さんなどの専門家に依頼するのが良いかと思います。

 

無料メール相談ができる専門家をリストアップしましたので、どうぞお早めにご相談下さい。

 

 

具体的な相談はこちらへ

 

 

 

関連ページ

債務整理と自己破産ってどう違うのですか?
自己破産すると就けなくなる職業について
弁護士さんに債務整理を依頼すると裁判所には行かなくてよいですか?
自己破産をすれば免責は必ず受けられるの?
「自己破産の免責決定」とはなんですか?
管財事件と同時廃止事件はどう違うの?
自己破産は身内や友人、仕事先にばれずに内緒で行うことはできるの?
債務者が支払不能の状態には無いと認定された場合
自己破産の裁量免責とは
自己破産の免責の対象にならないもの「非免責債権」について
自己破産のデメリットについて
財産がある人の自己破産の手続きについて
自己破産制度は人生をやり直す大きなチャンス
自己破産をすると家族にはどんな影響があるの?
自己破産をした場合、私の財産はどうなるの?
自己破産をすると私が勤めている会社にも知らされてしまうの?
自己破産をした場合、私の借金の保証人も私の借金を支払わなくてよくなりますか?
自己破産をすると銀行取引や借金はできなくなりますか?
自己破産の費用はどのくらいかかるのですか?
自己破産の申し立てをすると、裁判所には何回行くことになりますか?
自己破産の手続きが終了するまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?