弁護士さんに債務整理を依頼すると裁判所には行かなくてよいですか?

弁護士さんに債務整理を依頼すると裁判所には行かなくてよいですか?

 

弁護士さんに債務整理を依頼すると、依頼者の方は裁判所に行かなくても良くなるのでしょうか?

 

ほとんどの手続きは弁護士さんがしてくれます。

 

ただ1回だけは、申し立てたご本人が裁判所に行かなければなりません。

 

それが「免責審尋(めんせきしんじん)」と言われているもので、言ってみれば裁判官との集団面接のようなものです。

 

これは自己破産の手続きの最後の方で行われ、これが無事に終われば免責決定が受けられます。逆にこの免責審尋を終えないと免責決定はされません。

 

集団とはいえ裁判官と面接などと聞くと気が重くなる方もおられるでしょうが、内容は非常に簡単なもののようです。

 

持ち物は特になく、時間も30分以内には終わるようです。

 

服装は派手なものは慎んだ方がよさそうです。

 

 

自己破産した人が集団で管轄の裁判所に集められます。

 

裁判官によって出席確認がされた後、裁判官から破産の手続きなどが説明され、書類の内容に誤った内容が無いか、住所などに変更が無いか等を確認されます。

 

そして、今後の注意点として、免責後から7年間は再度自己破産はできない事、もう自己破産をするようなことのないように等の注意事項が話されます。

 

集団で行うので、あまり細かで具体的な話はなされないようです。

 

 

後日、裁判所から免責許可決定書の書類が届き、借金を法律的にゼロにしますということが書いてあります。

 

そして免責許可決定後に住所・氏名が官報に掲載されます。

 

 

免責審尋の日は時間に遅れないようにしてください。集団での面接ですので遅刻をすると後日の面接日にまわされて、自己破産手続きが長引いてしまう事にもなりかねません。

 

当日になっての無断欠席などもってのほかです。裁判所の印象を非常に悪くしますので、指定された日には忘れずに必ず出席してください。

 

 

詳しくは弁護士さんや司法書士さんなどの専門家の方にアドバイスをもらってください。

 

無料メール相談ができる専門家をリストアップしましたので、どうぞお早めにご相談下さい。

 

 

具体的な相談はこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

債務整理と自己破産ってどう違うのですか?
自己破産すると就けなくなる職業について
自己破産の申し立てに必要な書類は何ですか?
自己破産をすれば免責は必ず受けられるの?
「自己破産の免責決定」とはなんですか?
管財事件と同時廃止事件はどう違うの?
自己破産は身内や友人、仕事先にばれずに内緒で行うことはできるの?
債務者が支払不能の状態には無いと認定された場合
自己破産の裁量免責とは
自己破産の免責の対象にならないもの「非免責債権」について
自己破産のデメリットについて
財産がある人の自己破産の手続きについて
自己破産制度は人生をやり直す大きなチャンス
自己破産をすると家族にはどんな影響があるの?
自己破産をした場合、私の財産はどうなるの?
自己破産をすると私が勤めている会社にも知らされてしまうの?
自己破産をした場合、私の借金の保証人も私の借金を支払わなくてよくなりますか?
自己破産をすると銀行取引や借金はできなくなりますか?
自己破産の費用はどのくらいかかるのですか?
自己破産の申し立てをすると、裁判所には何回行くことになりますか?
自己破産の手続きが終了するまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?