債務整理相談所≪全国版≫実績のある弁護士・司法書士を徹底比較

家族や勤務先への不安について〜任意整理の場合 

 

クレジットカードなどの支払いが出来なくなり、どうしようもない時に自立を助けるための手続きに任意整理という手続きがあります。

 

その手続きをする際に家族や勤務先にバレル?と考えてしまう人もいます。

 

住宅ローンが支払えない場合はもちろんですが、そうでない場合でもクレジットカードなどが支払えない場合には、住宅ローンを提供している金融機関に任意整理をしている事がばれるので住宅が競売にかけられる可能性があります。

 

結果的に家族や勤務先にばれる可能性が高くなります。

 

しかし住宅ローンをかけていなく、通常のクレジットカードや消費者金融を任意整理するのであれば、家族や勤務先にばれる心配はほとんどありません。

 

消費者金融にしても信販会社にしても個人情報を漏洩したらいけないように法律で決められているからです。

 

消費者金融や信販会社から郵送物がある場合で、家族や勤務先に知られたくない時には、カスタマーサービスセンターにその旨を伝えたら茶封筒などで郵送するなどの配慮してもらえたり、メールに添付して郵送するなどしてもらうことも可能です。

 

任意整理による和解契約は個人でも可能ではありますが、個人で手続きをしようとしても難しい場合があります。

 

そのためこちらの手続きは個人ではなく弁護士が行う場合がほとんどです。

 

弁護士も消費者金融や信販会社と同じように法律によって個人情報の漏洩を禁止されています。

 

さらに弁護士法という法律によって依頼者の利益になるように動くので個人情報を漏らすことは絶対にありません。

 

弁護士から任意整理の依頼者に対して渡すものがあるときには基本的には、法律事務所に呼び出して書類を渡すので安心です。

 

法律事務所に立ち寄る時間がない時には、弁護士から依頼者に対して郵送物が送られてくる可能性があります。

 

その際は、法律事務所からの書類と分からないように茶封筒などで郵送されるので、家族にばれる事はまずありません。

 

そのため任意整理をしてもほとんど安心です。

 

 

 

具体的な無料相談はこちらへ