債務整理すると賃貸物件の入居審査に落ちてしまうの?

債務整理すると賃貸物件の入居審査に落ちてしまうの?

(1)債務整理をした場合の入居審査について

 

賃貸アパートや賃貸マンションに入居をしようとする場合には入居審査があるのが普通ですね。

 

それでは、債務整理をしてしまうと入居審査を通過するのは難しくなってしまうのでしょうか?

 

まず、あなたが過去に債務整理をしたことについて、通常であれば入居審査には影響しません。

 

債務整理をすると、個人信用情報に記録されますが、不動産会社があなたの個人信用情報を照会することはまずないでしょう。

 

従って、あなたが過去に債務整理したことを自分で言わない限りはまずバレません。

 

そのため、あなたの過去の債務整理については、通常であれば入居審査には影響しないということです。

 

 

ただし、いくつか例外もあります。

 

(2)例外1 家賃の支払いがカード決済のみの場合

 

ひとつ目は、アパートやマンションの家賃の支払いが、クレジットカード決済のみの場合です。

 

この場合はクレジットカードが無いと家賃の支払いをすることができなくなりますが、債務整理をすると一定期間、クレジットカードが持てなくなります。

 

よってそのような物件は家賃の支払いが出来ませんので、賃貸することができなくなります。

 

(3)例外2 保証会社の保証を付けなければならない場合

 

ふたつ目は、保証会社の保証を付けることを要件とされた場合です。

 

この保証会社が信販系(カード会社系)の保証会社の場合には信用情報が紹介できてしまいます。

 

過去に債務整理を行っていると、完済後5年ないし10年間はその記録が信用情報に残ってしまいますので、信販系の保証会社が付いた場合には入居審査に通らない可能性は非常に高いです。

 

※ 信販系保証会社の一例
・セゾン ・セディナ ・ライフ ・アプラス ・ジャックス ・エポスカード ・オリコ

 

信販系の保証会社以外では、全国賃貸保証業協会系の保証会社や賃貸保証機構系の保証会社もありますが、これらの保証会社は個人信用情報に紹介することはありませんので、債務整理の履歴が入居審査に影響することはなさそうです。

 

 

 

いずれにせよ、債務整理をお考えの場合は自分一人で悩んでいるよりも専門家のアドバイスをもらった方が、選択肢も増え、事態も好転することの方が多いと思います。

 

無料メール相談ができる専門家をリストアップしましたので、どうぞお早めにご相談下さい。

 

具体的な相談はこちらへ